畳のある暮らしを楽しもう
日本の伝統・文化である畳は、日本の歴史と共に歩んできました。その歴史は古く奈良時代(西暦約700年)には、既に畳が使われていました。日本の風土・四季に適応し、畳はその後1200年に渡り「和」の住文化を築いていきます。 和室 和室
和と洋の調和
明治に入ると欧米の住文化が浸透しはじめ、 昭和以降は日本におけるライフスタイルが急激に変化を遂げています。ざまざまな選択肢が増えた現代では、畳のあり方・デザインなども幅広くなっています。
趣のある純和風の部屋づくり。
和と洋が調和したシックな空間。
アジアンテイストを意識したスタイル。
和と洋の調和 和室 洋室 アジアンテースト
畳は住まい手の考え方ひとつで、自分らしさを表現できる素材です。
畳を畳として使う、畳をタタミとして使う。
どれが良い、どれが悪いなんてことはないと思います。

自分の暮らしは自分でつくるもの。
あなただけの空間づくりを楽しんでください。
吉川英治記念館
畳のある暮らしを楽しもう
タタミの豆知識
社会科見学
原島製畳
Copyright (c) 2000-2004 TATAMI WEB All rights reserved.